ななとなな夫のCalifornia Life

北カリフォルニアはシリコンバレーを中心に、 駐在員、駐在妻視点でのおすすめ情報をお届けします😊

ソノマ ワイナリー訪問 Jordan Vineyard & Winery (ジョーダンヴィンヤード & ワイナリー)

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

f:id:greatsusie:20190811154616j:plain

 2019年4月

今回はサンフランシスコ、ベイエリアからほど近いワインカントリー、ソノマはジョーダンワイナリー(Jordan Vineyard & Winery)を訪問、ワイナリーツアー(Winery Tour & Library Tasting )に参加した内容を記載します。

 

 

  • 場所:カリフォルニア洲ヒルズバーグ アレキサンダーバレー
  • 距離:シリコンバレー界隈から110Mile、約2時間(ひたすら101を北上)
  • ワイナリー:Jordan Vineyard & Winery
  • ワインの種類:Cabernet Sauvignon, Chardonnay, Champagne
  • 体験内容:Winery Tour & Library Tasting   50USD/person,    As of 2019.4 

ワイナリー概要についてはLink USAさんより まとめていただいているページがわかりやすいので下記をご参考まで

ジョーダン ヴィンヤード & ワイナリー Jordan Vineyard & Winery | アメリカ 旅行 観光 情報サイト|Link-USA

 

ジョーダンに行きたかった理由は、前からワイナリー全体の景色が美しいと聞いていたからと、一度飲んだことがあるアレキサンダーヴァリ−産Cabernetが美味しかったから。

 

11時からのツアーに申し込んでいたため、当日は8:30頃家を出発(at Bayarea)、ひたすらHigh way 101を北上して約二時間後に到着。ツアー開始時間まで時間があったため、周辺を散策しました。

駐車場からWinery Entranceへむかいます。新緑が美しい。

f:id:greatsusie:20190811151230j:plain

下はEntrance側(逆側)からの眺めです。壁に釣りかかっている葉が、紅葉の時期になると一段と雰囲気のあるものになるそうです (既に秋にまたきたい気持ちが!)

f:id:greatsusie:20190811153921j:plain

Entranceです。

f:id:greatsusie:20190811153901j:plain

 

中に入ると、ワインとグッズがズラリ。

また どうやら何かしらのツアー、テイスティングに予約をした人しか訪問できないようで、人もちらほら。ゆったりとした雰囲気がながれています。またスタッフの方の対応も非常に丁寧、親切でした◎

f:id:greatsusie:20190811154033j:plain
f:id:greatsusie:20190811154002j:plain

 時間になり、外へ集合するように促されると、さっきはなかったシャンパンとお花がセッティングされてる!!

f:id:greatsusie:20190811154059j:plain

受付してくれた方が登場し、シャンパンを注いでくれます。

f:id:greatsusie:20190811154650j:plain

f:id:greatsusie:20190811154631j:plain

さぁ ツアーのスタートです!

シャンパンを片手にワイナリー所有地をゆっくりと歩きはじめます。普段は味わえない優雅な感じです

 

少し歩くと満開の藤の花が!! 天気も気持ちいい〜です。

f:id:greatsusie:20190811154316j:plain

 

f:id:greatsusie:20190811154157j:plain

 

ここでまた足を止め、今度は白ワインタイムでございます。

ここでもお花を挿してくれているのが粋ですね。

f:id:greatsusie:20190811154650j:plain

 

白ワインに合うParing foodまで準備してくれてます。 オシャンティ〜(死語?)

*手のモデルはすぅじぃ。私ではありません。

f:id:greatsusie:20190811154710j:plain

ツアーはダンディーなご夫婦、女子会?チームとまわりました。

f:id:greatsusie:20190811154254j:plain

 

そしてまた少し歩くと、Jordan Wineryの所有地を一望できる場所へ。見渡す限り広大。私らはもちろん、ダンディ夫婦も女子会チームも写真をパシャパシャ。

紅葉の時期は時期で美しいんだろうけど、この春のお花のシーズン(4月)も美しぃかったです。

f:id:greatsusie:20190811154401j:plain

 

その後は、建物の中へと入り、貯蔵施設をみながら、奥の2階(だったはず)の部屋へと移動します。

f:id:greatsusie:20190811154418j:plain

f:id:greatsusie:20190811154451j:plain

f:id:greatsusie:20190811154433j:plain

 

これからが ようやく赤ワインはCabernetのワインディングのスタートです!

写真取り忘れましたが、隠し扉を抜けると、こりゃまたおしゃれな隠し部屋チックなテイスティングルームが姿を表します!!

ドーン! (○ンピース風)

 

f:id:greatsusie:20190811154725j:plain

部屋に見とれている間に、ダンディ夫婦と女子会チームに椅子取りゲームがごとく、席を取られ、我々夫婦は別々に離れた席に座る自体に陥りましたが、そこは皆様優しい。席を詰めてくれて、なんとかすぅじぃ夫婦は並んで座ることができました。

*ツアー参加の際は部屋に見惚れず、ゲリラ的椅子取りゲームにご注意ください!

 

Paring foodとしては、チーズの盛り合わせとBread with Olive oil、小鉢には赤ワインにあうBeefが一口サイズで入っていました。 

ここで年代別のCabrnetを1杯ずつ合計3種類いただきました。

f:id:greatsusie:20190811154527j:plain

 

どれも美味しい! が、、その後は夢中で肝心のワインの写真は取り忘れました。m(_ _)m

代わりに背面に飾ってあった、マグナムボトムと壁画の写真を。。

f:id:greatsusie:20190811154548j:plain

f:id:greatsusie:20190811154602j:plain

 

以上でジョーダンワイナリーのツアーは終わりました。一人50USD、と聞くと安くは感じませんが、受けた内容を考えると非常に満足いくものでした!

その後Cabrnetを1本買ってワイナリーをあとにしました。

 

その数日後に案内してくれたスタッフの方から、訪問に対する謝意のメールをいただきました。定型文ではなく、ツアー中お話した内容を織り交ぜたメールとなっており、個々に送ってくれているんだなぁと感動。また是非紅葉シーズンも訪問したいと思ったワイナリーでした。 

ここのワイナリーは予約が必要ですので、訪問の際はご注意ください。

 

ではでは

すじ夫

www.jordanwinery.com

 

あとがき  〜すじ夫の紹介〜

どうもはじめまして すぅじぃの夫こと、すじ夫です。

これから すじ夫からはカリフォルニアはナパ、ソノマ、パソロブレス等にあるワイナリー訪問日記をメインに書かせてもらおうと思います。

いやいや ブログ別けろや、的なツッコミもあるかもしれませんが、夫婦ともども いつまで続くか分かりませんので(汗)、まずは気ままに二人で続けられるところまで続けたいと思っています。

また当方ワインのプロではなく、むしろド素人ですので、純粋に素人としてワイナリーの景色や雰囲気を楽しんだ内容となりますので御了承ください。