ななとなな夫のCalifornia Life

北カリフォルニアはシリコンバレーを中心に、 駐在員、駐在妻視点でのおすすめ情報をお届けします😊

ハーフムーンベイでのカニ(ダンジネスクラブ) の買い付け方法から調理方法まで一挙公開!

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

f:id:greatsusie:20200218091740j:image

 

2019年年末、サンフランシスコからほど近いハーフムーンベイの漁港にてカニ(日本語でイチョウガニ、英語でdungeness crab)を漁師さんから直接買い付ける!

と意気込みつつも 2度に渡って失敗に終わった私達夫婦ですが

ついに!やっと!

漁港で旬なダンジネスクラブを購入することができましたーーー😆 

3度目の正直です!

2度あることは3度あるにならなくてよかった。。

 

ということで今回は、

ハーフムーンベイでのダンジネスクラブの買い付け方法と、

その調理方法を記したいと思います。

 

  

過去2回のカニの買い付け奮闘記(失敗と反省談)はこちらから👇

 

失敗談1

2019年11月初旬、カニの漁業解禁のニュースを聞くや意気込んで買い付けに行くも、一般消費者向けのカニ解禁日は2週間先ということが現地でわかり(商業用カニは解禁というオチ)、カニを買えなかった事例。

ただし漁港にあるシーフードの美味しいレストラン(売店)を発見したので良しとした件。

*買い付け時に立ち寄った際に小腹が空いたら寄るべきレストラン!

 クラムチャウダー、フィッシュ&チップスがおすすめ! 

f:id:greatsusie:20191119081922j:image

 失敗談2

2019年11月上旬、改めてカニが食べたい!欲が強すぎて、悪天候の中ハーフムンベイまで行くも、漁港に漁業船おらず(冷静に考えればそりゃ悪天候じゃ漁業しないですよね)。

ただし近くのフィッシュマーケットで茹で調理済カニをゲットできたので良しとした件。

*万が一カニを買えなかったときの最終手段として有りのフィッシュマーケット ”Half Moon Bay Fish Market”

f:id:greatsusie:20191208141256j:image

 

さて、何回(今年度は3回目)も通っているハーフムーンベイまでいざ出発!

 

漁港までのアクセス方法

 Pillar Point Harbor

住所:1 Johnson Pier,Half Moon Bay,CA 94019

Map

上記のPillar Point Harborの住所を目指して行くとわかりやすく、迷うことなく漁港に着きます。

比較的広い駐車場がありますが、休日のランチタイム前後はとても混むので午前中に行かれることをおすすめします。

早く行かないとカニも完売しちゃいますしね。

 

カニの購入方法

漁港に着いたら、まずは入り口にある看板をチェック!

その日に何が(カニ、魚、etc)どこで(Dock:船が停泊している位置)販売されているのかここで確認できます。
f:id:greatsusie:20200219074824j:image

訪問した日は、カニだけじゃなくお魚も販売していました。

レアな日はウニもあるそうですが、未だかつて我々は出会えたことがありません。 

f:id:greatsusie:20200219070923j:image

カニ等を販売している船は👆こんな感じで大きな看板かフラッグが出ているのでとてもわかりやすいです。


f:id:greatsusie:20200219070928j:image

人気の船には人だかりが!


f:id:greatsusie:20200218091646j:image

水槽の中には生きたカニがたくさんっ!

船によっては、死んでしまっているカニを販売しているところもあるので、きちんと品定めしましょう。

 

f:id:greatsusie:20200219070934j:image

そして、活きが良さそうなカニを販売している船を発見!

ここではお母さんと10代前半の息子さんが手伝ってきりもりされている感じでした。

お値段を確認後、どのぐらいほしいか伝えるとカニを計り売りしてくれます。

訪問した日は$7/1lbs(約450g)で、

3杯購入で$43(1杯あたり約2lbs)でした。

 

購入するときは、現地の方々に習って”Biggest one please”とか”With All legs pleaseというと良いです。

ちゃんと良いものを探しながら、これでいい?と確認してくれながらカニを選べます。ちゃんと全部足あるほうがいいですしね。

 

f:id:greatsusie:20200219074715j:image

買えたーっ😆 今季はここまでの道のりが長かった。。。

購入したカニはこんな感じでビニール袋に入れて渡してくれます。

ただし、カニの鋭い足先やハサミで袋がすぐに破けていしまうのでクーラーボックス等を持参するのがオススメです。

 

カニの調理方法

家に帰ってきたら、早速調理開始です!

すぐに調理できない場合は、海水又は海水と同じ塩分濃度(3.1〜3.8%)の塩水にカニを潜らせておくこともできますが、時間が経つにつれてどんどん鮮度が落ちていくので早めに調理してしまうほうが良いと思います。


f:id:greatsusie:20200219070952j:image

まずはきれいな歯ブラシ又はブラシでカニをゴシゴシ洗います。


f:id:greatsusie:20200218091746j:image

Before


f:id:greatsusie:20200218091825j:image

After

このように洗うことによってカニの臭みや苦味がなくなります。

 

f:id:greatsusie:20200219084219j:image
洗うときのポイント!

矢印の部分をパカッと開いてその中も洗いましょう。

このとき、カニがものすごく暴れることがありますので要注意です!


f:id:greatsusie:20200218091756j:image

蒸し器に入れて、約15分蒸します。

茹でる場合は約13分茹でましょう。

*以前、蒸す・茹でるの両方試しましたが、どちらもお味は変わらないと思いました。ただ、蒸したほうが旨味が逃げないような気がして我が家では蒸しています。ここはお好みですね。


f:id:greatsusie:20200218091653j:image

蒸しあがりがこちら👆

良い色ーーーー!!!!

 

*蒸し器は直径30cmの最大3段になる蒸し器を使用。

昨年、99 Ranch Marketで確か$20ほどで購入したもの。

カニの解体方法

 

カニの身をきれいに余すことなく食べるには解体作業が必要です。

いろいろと試行錯誤した我が家の解体作業をご紹介します。


f:id:greatsusie:20200218091817j:image

まずは、胴体から足の部分を全てもぎ取る。


f:id:greatsusie:20200218091714j:image

胴体部分から甲羅をパカッとはずす。

中からは、かに味噌が出てきます。

食べる食べないはお好みで。


f:id:greatsusie:20200218092546j:image

甲羅部分と胴体のブニョブニョしたところを捨てたら、残りは身がたくさん詰まった食べたい部分が残ります。

その胴体を両手でしっかりとつかみ、👆の矢印の方向に力を入れて2つに割ります。

ポイントは手前(自分側)に折るようにして割ること。


f:id:greatsusie:20200218091729j:image

割るとこんな感じで身が取りやすくなります。

 

解体作業は、熱いうちにすると火傷のおそれがありますのでご注意を!

 

実食

甘くて美味しいーーー😋
f:id:greatsusie:20200218091703j:image

こんな風にきれいに身が取れると幸せ♡

夫婦2人、もくもくとカニの殻をむいては食べるという静かな作業が続く至福の時間です。笑

 

f:id:greatsusie:20200218091719j:image

そして、食べきれなかったカニ1杯から約200gの身がとれました。

 1杯約900g(2lbs)だったので1/4ぐらいがカニ肉ですね。

200gのステーキを思えば、、中々のカニ肉の量ですよね!

 

余った身は…
f:id:greatsusie:20200218091750j:image

カニのトマトクリームパスタ


f:id:greatsusie:20200219084019j:image

カニ飯を作りました。

 

いやはや、今季も存分にカニを堪能できて満足です!

まだ、お家でカニを食べたことがないという方は是非試してみてください。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

なな