ななとなな夫のCalifornia Life

北カリフォルニアはシリコンバレーを中心に、 駐在員、駐在妻視点でのおすすめ情報をお届けします😊

アメリカの燻製器で日本の伝統料理に挑む!

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

こんにちは

先日、なな夫(主人)さんと日本の食べ物の話をしていて、久々にいぶりがっこが食べたい!という話に。

 

*いぶりがっこ:燻した大根で作られたお漬物。秋田県の名産。クリームチーズと一緒に食べるとめっちゃ美味しい憎いやつです。

 

一度話題にしてしまうと猛烈に食べたくなってしまう私。

食べたい!食べたい!でもアメリカでは手に入らない😭

と、ブツクサ言う私を見かねたなな夫さんが、なんちゃってなら家にある燻製器で作れるんじゃない?

( ゚д゚) オ!オオオッ!

なな夫氏、ナイスアイデアですーーー!!!!

本物じゃなくてもいい。贅沢は言いません。

 

いつもはお肉やチーズを燻しているこちら👇の機械。

めっちゃ煙は出るものの、美味しく調理ができます。

f:id:greatsusie:20200521040221j:image

 

ということで、日系スーパーでたくあんを調達して参りました。

f:id:greatsusie:20200521032935j:image

ここで、たくあんをいつも食べるように切った私。

なな夫さんに、

切らずに棒状のたくあんを燻すつもりだったのに何で切ったん?

と言われ、わかってたのに切ってしまった私はそろそろシニアの仲間入り😂

反省です。。。

 

f:id:greatsusie:20200520145330j:image

それでも滅気ずに燻します。

燻すこと約45分。たくあんの色味がほのかに変わってきたら出来上がりです。

 

f:id:greatsusie:20200519065807j:image

上にクリームチーズを乗せて、日本酒と一緒にいただきます。

意外にも輪切りにしてから燻したほうが、香りがしっかり付いて美味しくなりました。

本物には及びませんが試行錯誤しながら作るのも楽しいものです。

次回作る際はもう少し本格的に、大根を燻してから米ぬかで漬け込む作り方をしてみたいと思います。

 

燻製器はAmazonやHome Depotなどで手に入ります。

燻製チップは下のアップル以外にもいろいろ種類がありますよ。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

なな